Oracle VM Templates:テンプレートをインポートして仮想マシンを作成する

福田昌弘
2008-10-01 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Oracle VM Managerにログイン

 仮想マシンのテンプレートは、Oracle VM Managerを使ってOracle VM環境にインポートする。まず、Oracle VM Managerが動作するマシンに、ウェブブラウザを使ってログインする。ログイン方法の詳細については、連載の第2回「Oracle VMで仮想マシンを動かす」を参照してほしい。

Oracle VM Managerにログインする Oracle VM Managerにログインする

 Oracle VM Managerにログインしたら、[Server Pools]タブをクリックしてサーバープールを作成する。サーバープールの作成手順についても、第2回を参照してほしい。

サーバープールを作成する サーバープールを作成する

テンプレートによる仮想マシンの作成

 サーバープールを作成したら、いよいよテンプレートによる仮想マシンの作成に取りかかる。まず、[Virtual Machines]タブをクリックし、表示されたタブ上で[Create Virtual Machine]ボタンをクリックする。

[Virtual Machines]タブの[Create Virtual Machine]ボタンをクリックする [Virtual Machines]タブの[Create Virtual Machine]ボタンをクリックする
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]