Oracle VM Templatesを活用する

福田昌弘
2008-09-03 19:47:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8カ月ほど前の2007年12月に、Oracle VMをインストールして仮想マシンを動かす方法を紹介した。そこで今回から5回に渡って、Oracleが発表したOracle VM Templatesを取り上げる。

仮想マシンのテンプレートとともにDBMSも提供

Oracle VM Templatesを提供している米国Oracleのウェブサイト Oracle VM Templatesを提供している米国Oracleのウェブサイト

 先日、Oracleが発表したリリースによれば、Oracle VM Templatesを利用することで、企業はサーバー統合を実現でき省エネと省スペースを達成できるという。また、構成済みのソフトウェアを短時間で展開することもできる。

 この原稿を執筆している2008年8月時点では、Oracle VM TemplatesはOracleのウェブサイト「Oracle VM Templates」で提供されている。

 具体的には、仮想マシンのテンプレートとなる次の2種類のOracle Enterprise Linuxが用意されている。

  • Oracle Enterprise Linux release 4 update 5
  • Oracle Enterprise Linux release 5 update 1

 また、この2つのOracle Enterprise Linux上で動作するOracleデータベースとして、次の製品のディスクイメージも用意されている。

  • Oracle Database 11g
  • Oracle Database 10gR2

 この2種類のOracleデータベースは、テンプレートであるOracle Enterprise Linuxを元にした仮想マシンの起動時に、自動的に構成・起動される。

 さらに、このウェブサイトには、Oracle VM Grid Control Templateや、統合CRMアプリケーションSiebelも用意されている。ただし、これらはOracle Enterprise Linux relaes 4 update 5でしか利用できないようだ。

Oracle VM環境で展開して利用

 これらのテンプレートやDBMSは、Oracle VMの主要な構成要素の1つであるOracle VM Serverのディレクトリ「/OVS/seed_pool」に展開した後、Oracle VM Managerを使って利用可能な状態にする。

 つまり、ちょっと乱暴な表現かもしれないが、テンプレートをダウンロードしてOracle VM環境にインポートするだけで、Linux上で動作するデータベースシステム環境を手に入れられる。なお、Oracle VM ServerとOracle VM Managerの関係については、「Oracle VMのインストール」を参照してほしい。

Oracle VMのアーキテクチャ(Oracle VMクイックスタートガイド リリース2.1.1より抜粋) Oracle VMのアーキテクチャ(Oracle VMクイックスタートガイド リリース2.1.1より抜粋)

 Oracle VM Templatesの概要説明はこのあたりまでとし、次回からOracle VM Templatesの入手やインポート、仮想マシンの作成など、具体的な作業内容を示していく。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]