Oracle VMで仮想マシンを動かす

福田昌弘
2008-01-10 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想マシンの起動

 作成した仮想マシンは、[Virtual Machines]タブで[Power On]ボタンをクリックすることで起動できる。[Power On]をクリックすると、[Status]の表示が「Initializing」に変わる。適当なタイミングで[Refresh]ボタンのクリックを繰り返し、[Status]の表示が「Running」になるまで待とう。

[Status]の表示が「Running」に変わり、仮想マシンが起動 [Status]の表示が「Running」に変わり、仮想マシンが起動

 仮想マシンが起動したら、[Console]ボタンをクリックしてみよう。仮想マシンに対してVNC(Virtual Network Computing)が実行され、次にようにパスワードの入力が促される。ここでは、仮想マシンの作成時に設定したパスワードを入力する。

仮想マシンでのパスワードの入力 仮想マシンでのパスワードの入力

 パスワードを入力すると、現在の仮想マシンの状態が確認できる。今回は、Oracle Enterprise Linuxのテンプレートを元に仮想マシンを作成しているため、次のような簡単な内容が表示された。

仮想マシンの状態を表示 仮想マシンの状態を表示

 起動した仮想マシンは、Oracle VM Managerで[Power Off]ボタンをクリックすれば停止できる。

 いかがだっただろうか?Oracle VMのインストールから起動までの作業を理解いただけたことと思う。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]