Oracle VMで仮想マシンを動かす

福田昌弘
2008-01-10 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想マシンの作成

 無事テンプレートが利用できるようになったら、いよいよ仮想マシンを作成する。Oracle VM Managerの[Virtual Machines]タブで[Create Virtual Machine]ボタンをクリックする。

[Virtual Machine]タブ [Virtual Machine]タブ

 テンプレートを元に仮想マシンを作成するため、[Create Virtual Machine based on Virtual Machine template]を選択した後、[Next]ボタンをクリックする。

仮想マシンの作成方法の指定 仮想マシンの作成方法の指定

 次に、サーバプールと、ソースとするテンプレートを順に指定した後、仮想マシンの名前とコンソールパスワードをそれぞれ指定する。

仮想マシン名とコンソールパスワードの指定 仮想マシン名とコンソールパスワードの指定

 ここまでの作業を終えると、指定内容が画面上に表示される。[Confirm]ボタンをクリックして、仮想マシンを作成する。

指定内容の確認 指定内容の確認

 [Confirm]をクリックすると、仮想マシンの作成が開始される。Oracle VM Managerは、ウェブブラウザを経由するユーザーインタフェースであるため、定期的に[Refresh]ボタンをクリックして作成状態を確認する。[Status]の表示が「Powered Off」となれば、仮想マシンの作成作業は終了している。

仮想マシンの作成終了 仮想マシンの作成終了
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]