Oracle VMで仮想マシンを動かす

福田昌弘
2008-01-10 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Oracle VMを試用するために必要なインストール作業は、前回すべて終了した。今回は、Oracle VM Managerを使って仮想マシンを動かしてみる。

 Oracle VM上で仮想マシンを動かすためには、Oracle VM Managerを使ってOracle VM Serverに対して次の作業を行う必要がある。

  • サーバプールの作成
  • 仮想マシンとして使用するテンプレートやインストールメディアのアップロード
  • 仮想マシンの作成

 では、それぞれの作業を順に見ていこう。

サーバプールの作成

 まず、Webブラウザを使ってOracle VM Managerにアクセスする。前回示したように、Oracle VM ManagerのURLは「http://Oracle VM ManagerのマシンのIPアドレス):8888/OVS」だ。URLを指定してOracle VM Managerにアクセスすると、ログイン画面が表示される。

Oracle VM Managerのログイン画面 Oracle VM Managerのログイン画面

 ここで、「Username:」と「Password:」に、「admin」「oracle」とそれぞれ指定し、[Login]ボタンをクリックする。Oracle VM Managerへのログイン処理が実行され、表示内容が次のようなものに変わる。

Oracle VM Managerへのログイン直後 Oracle VM Managerへのログイン直後

 サーバプールを作成するため、[Server Pools]タブで[Create Pool]ボタンをクリックする。ちなみに、サーバプールは、物理的なサーバを収めるための論理的な領域だ。つまり、いくつかの仮想マシンによって構成されるシステムは、サーバプールによって他の影響をいっさい受けずに独立して動作できるようになる。

[Server Pools]タブ [Server Pools]タブ

 [Create Pool]ボタンをクリックすると、サーバ情報を入力するための画面が表示される。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ