Oracle VMのインストール

福田昌弘
2007-12-27 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Oracle VM Managerのインストール

 無事にOracle Enterprise Linuxをインストールし終えたので、引き続いてOracle VM Managerのインストール作業に移ろう。まず、Oracle Enterprise Linuxにユーザーrootとしてログインする。

 ログインしたら、[アプリケーション]メニューの[アクセサリ]から[GNOME端末]を選択して、端末エミュレータを起動する。そして、Oracle VM ManagerのCDをドライブに挿入した後、端末エミュレータで次のように入力してCDをマウントする。

CDのマウント CDのマウント

 CDをマウントしたら、次のように入力してCD上に移動する。

ディレクトリの移動 ディレクトリの移動

 移動したディレクトリ上のシェルスクリプト「runInstaller.sh」を次のように実行する。

シェルスクリプトの実行 シェルスクリプトの実行

 シェルスクリプトを実行すると、Oracle VM Managerをインストールするのかアンインストールするのかが問われる。もちろん、ここでは、Oracle VM Managerのインストールを指示する。

 インストールを指示すると、Oracle VM Managerに関係するパッケージのインストールが始まる。このインストール作業中には、次の内容が確認される。

  • Oracle Application Expressで使用するポート番号
  • Oracleデータベースリスナーで使用するポート番号
  • OracleデータベースのユーザーSYSとSYSTEMのパスワード
  • Oracle VM ManagerデータコレクタであるユーザーOVSのパスワード
  • OC4Jのアカウントoc4jadminのパスワード
  • Oracle Netリスナーで使用するポート番号
  • SMTPサーバーのホスト名
  • Oracle VM Managerのアカウントadminのメールアドレス

 これらのうち、OracleデータベースのユーザーSYSとSYSTEMのパスワード、Oracle VM ManagerデータコレクタOVSのパスワード、SMTPサーバのホスト名、Oracle VM Managerのアカウントadminのメールアドレスには、任意の文字列をそれぞれ指定しておく。

 これに対してOC4Jのアカウントoc4jadminのパスワードには「oracle」を指定する。残りのポート番号に関しては、いずれもデフォルト値が表示されるため、そのままリターンキーを押して応答するだけで問題ない。

 Oracle VM Managerのインストール作業が正常に終了したら、WebブラウザからOracle VM Managerにアクセスしてみよう。Oracle VM ManagerのURLは「http://(Oracle VM ManagerのマシンのIPアドレス):8888/OVS」だ。

Oracle VM Managerへのアクセス Oracle VM Managerへのアクセス

 ここまでの作業で、Oracle VMを試用するために必要なインストール作業は、すべて終了した。次回は、Oracle VM Managerを使って仮想マシンを動かしてみる。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]