Oracle VMのインストール

福田昌弘
2007-12-27 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めてOracle Enterprise Linuxを起動したときには、ライセンスの承諾やユーザーアカウントの作成などの基本設定を行うためのウィザード画面が表示される。

基本設定を行うウィザード画面 基本設定を行うウィザード画面

 ここでは、表示内容に従って適切な値を選択したり指定していく。この基本設定のウィザードでは、次の項目を処理していく。

  • ライセンス内容への同意
  • ファイアウォールの設定
  • SELinuxの設定
  • Kdump利用の有無
  • 日付と時刻の設定
  • ユーザーの作成
  • サウンドカードの設定
  • ソフトウェア追加の有無

 このうち「ファイアウォールの設定」では、「信頼できるサービス」として「WWW(HTTP)」、「その他のポート」として「8888」「8899」(ともにtcp)を追加しておく。

ファイアウォールの設定 ファイアウォールの設定

 この基本設定に関する作業を終えると、Oracle Enterprise Linuxのログイン画面が表示される。

Oracle Enterprise Linuxのログイン画面 Oracle Enterprise Linuxのログイン画面
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]