Oracle VMのインストール

福田昌弘
2007-12-27 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Oracle VM Serverのインストール

 それでは、まずOracle VM Serverをインストールしよう。Oracle VM ServerのCDをドライブに挿入してマシンを再起動する。マシンを再起動すると、Oracle VM Serverのインストールプログラムが起動する。

Oracle VM Serverのインストーラ起動画面 Oracle VM Serverのインストーラ起動画面

 Oracle VM Serverのインストール作業では、ほとんどの設定はデフォルトのままで問題ない。表示されるメッセージは英語表記ではあるが、Linuxディストリビューションをインストールした経験があれば、内容を理解することは難しくないだろう。

 インストール作業時の指定内容は、次の9項目になる。このうちディスクパーティションのレイアウト指定時には、ディスク上の既存データがすべて失われてしまうことを警告するメッセージが表示される。

  • キーボードの種類
  • ディスクパーティションのレイアウト
  • ブートローダ位置
  • 使用するネットワークインタフェース、IPアドレス、ホスト名
  • タイムゾーン
  • Oracle VM Agentのパスワード
  • rootのパスワード

 これらの内容に適切な値を指定し終えると、インストール対象となるパッケージの依存関係が確認され、インストール作業の開始を告げるメッセージが表示される。ここで[OK]をハイライト表示にしてリターンキーを押すと、Oracle VM Serverのインストールが開始される。

 使用するマシンの性能に依存するが、インストール作業は数分で終了する。そして、インストール作業が正常に終了すると、CDが排出され、マシンの再起動を促すメッセージが表示される。

 マシンを再起動すると、Oracle VM Serverが起動し、ライセンスに関する同意が表示される。ここまでの作業を終えると、Oracle VM Serverが稼働を開始する。

Oracle VM Serverの起動 Oracle VM Serverの起動
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]