Oracle VMのインストール

福田昌弘
2007-12-27 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 実際にOracle VMをインストールするためには、静的なIPアドレスを割り当てたPCが少なくとも2台必要だ。このうちの1台に、Oracle VM Serverをクリーンインストールする。

 また、もう1台には、Oracle Enterprise Linuxをインストールし、そこにOracle VM Managerをインストールする。つまり、Oracle VMを使って仮想マシン環境を構築するためには、次の6つの作業が必要となる。

  1. PCを用意する
  2. Oracle VM Serverをインストールする
  3. Oracle Enterprise Linuxをインストールする
  4. Oracle VM Managerをインストールする
  5. Oracle VM ServerをOracle VM Managerに追加する
  6. 仮想マシン環境を構築する

 それでは、これらの作業の内容を順に見ていこう。まずは、静的なIPアドレスを割り当てたPCを2台用意しよう。用意するマシンのスペックとして、次のものが要求されている。

動作環境 動作環境

 マシンを用意したら、Oracleのウェブサイト「Virtualization Technology Center | Oracle VM」からOracle VMやOracle Enterprise Linuxをダウンロードする。

Oracle Virtualization Technology Center Oracle Virtualization Technology Center

 このWebページで右上の「FREE DOWNLOAD」ボタンをクリックすると、Oracle VMやOracle Enterprise LinuxをダウンロードするためのWebページに移動できる。

 ダウンロードしたディスクイメージは、VM Server 1枚、VM Manager 1枚、Enterprise Linux 5枚の計7枚組になる。この後の作業をスムーズに行うためにも、それぞれをCD-Rに焼き付け、しっかりとラベルを書いて認識できるようにしておこう。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]