Oracle VMのインストール

福田昌弘
2007-12-27 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ケンブリッジ大学の研究プロジェクトとして生まれた仮想化ソフトウェア「Xen」が大きな潮流になろうとしている。

 先日、Oracleが発表した「Oracle VM」内では、Xenのハイパーバイザー機能が利用されている。今回、Oracle VMを試用する機会を得たので、そのインストールから起動までを2回に分けて紹介しようと思う。

Oracle VMのアーキテクチャ

 Oracle VMは、11月のOracle OpenWorld 2007で発表されたサーバ仮想化ソフトウェアだ。次の図は、Oracleが提供しているOracle VMのアーキテクチャである。

Oracle VMのアーキテクチャ Oracle VMのアーキテクチャ

 この図にある「Oracle VM Manager」は、Oracle VM Serverを管理するためのウェブアプリケーションである。Oracle VM Managerを使うことで、仮想マシンの作成、削除、パワーオフといった作業が行える。

 また、Oracle VM Serverは、仮想マシンが動作するための環境である。Oracle VM Serverには、Xenのハイパーバイザー機能が利用されており、そしてOracle VM Serverと共にインストールされる「Oracle VM Agent」によって、Oracle VM Managerと仮想マシンのコミュニケーションが行われる。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]