TextMate+Flex 3 SDK+rascutで作るMac OS XのActionScript開発環境

沖津貴智(moonlinxチーフエンジニア)
2009-08-24 16:51:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回、「JavaScriptで作るミュージックプレイヤー:moonlinxを支えるOSS」では、JavaScriptで作るミュージックプレイヤーについて説明しました。今回は、TextMate+Flex 3 SDK+rascutを利用したActionScript開発環境について説明したいと思います。

 ActionScriptの統合開発環境(IDE)は、まだまだこれだというものが登場していないと個人的には思っています。最初はFLASH CS3やCS4を使っていても、いずれはビルドにしか使わなくなってしまうという人がほとんどではないでしょうか(間違っていたらすみません)。

 Windowsに関しては、FlashDevelopという素晴らしいオープンソースのIDEが存在しますが、Mac OS Xで利用するにはVMWareやParallels Desktop上で動かすなど、なにかと制約がつきまといます。だからといって、Adobe Flex Builderの購入はさらにコストがかかりますし、できればあまりお金をかけずに自分にあった開発環境を整えたいものです。

 私の場合、いろいろ試行錯誤した結果、現在は以下のような開発環境で落ち着きました。

  • Flex 3 SDK:これがないとActionScriptのコンパイルができないので必須
  • rascut:コードの変更を自動的に検知し、勝手にビルド(コンパイル)およびブラウザの再読み込みをするツール。いちいちターミナルで「mxmlc」コマンドをタイプして、ブラウザ再読み込みをしなくともリアルタイムで挙動を確認できる非常に便利なツール
  • TextMate:軽量なのにものすごく高機能なテキストエディタ。様々な開発言語に対応しており、ファイルの検索と補完がとにかく秀逸。Rails開発ではメインで利用しているエディタのため、エディタを統一できるという意味で、これでActionScriptが記述できるということは個人的には非常に重要
  • TextMate ActionScript 3 Flex Bundles:TextMateにはバンドルという仕組みが存在し、様々な機能をプラグイン的に追加することができます。このバンドルを利用することで、ActionScriptの開発効率を劇的に高めてくれます

 さっそく上記ツールを利用して環境を整えてみたいと思います。

Flex 3 SDKのインストール

 「Adobe Flex 3: Downloads」から「Flex 3.3 SDK」をダウンロードします。単にzipで固められているだけなので、任意のディレクトリに展開します。私は「/Library/Flex/flexsdk3」に配置しています。

 ActionScriptのビルドに必要なmxmlcコマンドを利用するために、環境変数PATHを通します。ターミナルを起動して以下のコマンドを実行します。

echo export PATH=/Library/Flex/flex_sdk_3/bin:$PATH:\$PATH >> ~/.bash_profile

 これでターミナルからmxmlcコマンドを利用できるようになります。以上でFlex 3 SDKのインストールは完了です。

rascutのインストール

 次にrascutのインストールを行います。rascutはRubyで記述されたツールになるため、rubyが必要になります。

  • コメント(1件)
#1 anonymous   2009-09-22 21:44:45
Rascut.tmbundle をダウンロードして使ってみましたが、記事と違い、保存先を指定するダイアログが表示されませんでした。

Rascut.tmbundle/Templates/Project.tmTemplate/_create_rascut_project.sh

が644なため、シェルスクリプトが動かないようです。

chmod +x _create_rascut_project.sh と実行ビットを立てると動くようになります。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]