仮想化/非仮想化をまとめてJavaアプリを集中管理:WLOC

山下竜大
2008-07-14 17:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BEA Systemsでは、VMwareなどのハイパーバイザを利用したサーバ仮想化から一歩進んだアプリケーションサーバ環境の仮想化をBEA WebLogic Server Virtual Editionにより実現している。これにより、ハードウェアやストレージなどの有効利用、消費電力の低減、設置スペースの縮小、可用性の向上など、システムインフラの最適化を実現した。

 さらに次のステップとして、仮想化環境および非仮想化の両方に対応したJavaアプリケーション管理フレームワークである「BEA WebLogic Operations Control(BEA WLOC)」を提供。システムインフラ上で動作するJavaアプリケーションのパッケージ化や配布、監視、制御の効率化と、パフォーマンス、可用性、効率性の高い運用を実現する。

Javaアプリ仮想化環境を集中管理するWLOC

 BEA WLOCは、VMwareのハイパーバイザやBEA WebLogic Server Virtual Editionと密に連携して動作する製品。Javaアプリケーションが動作するために必要なサーバリソースの動的な割り当てやプロビジョニングなどの機能を提供。サービスレベルアグリーメント(SLA)に基づいたアプリケーションのサービスレベルとサービス品質(QoS)を保証する。

 たとえば、あるJavaアプリケーションやサービスを稼働させたい場合、必要なサーバリソースの割り当てを行い、Javaアプリケーションを配布して実行し、終了したらサーバリソースの割り当てを解除することが可能。これら一連の操作は、あらかじめ設定されたポリシー情報をもとに動的に行うことが可能になる。

 BEA WLOCは、「WLOCコントローラ」および「WLOCエージェント」と呼ばれる2つのコンポーネントで構成されている。2つのコンポーネントは、標準化団体であるOSGi(Open Services Gateway initiative)が定義したJavaフレームワークに基づいて開発された「BEA microService Architecture(BEA mSA)」をベースに構築されている。

 BEA mSAは、BEA製品群である「BEA Tuxedo」「BEA WebLogic」「BEA AquaLogic」やサードパーティ製品をSOAをベースに連携するためのフレームワーク。OSGiをはじめ、JSE、SOAP、WSDL、XMLスキーマなど、さまざまな業界標準規格をサポートしている。

 WLOCコントローラは「ドメイン」と呼ばれる概念により仮想化環境および非仮想化環境を管理する。ドメインは、サービスやプロセスを階層化により管理するもの。ドメインで使用可能なすべてのリソースやWLOCエージェントが収集したJVMの情報、パフォーマンス、利用状況、サービスの配布やリソース管理、SLAへの対応状況などはコンソールで容易に監視することができる。

 コンソールではまた、Javaアプリケーションの構成変更やプロセスの開始、停止、一時停止、再開などの操作も可能。新しいインスタンスのプロビジョニングや別のサーバへのJavaアプリケーションの移行などの操作を自動化することもできる。

 さらにWLOCコントローラには、「ルールエンジン」が搭載されており、SLAの状況を常に監視し、SLA違反が発生しそうな場合にはどのような対応を行うかを定義しておくことが可能。SLAのポリシーを効率的に管理することができる。アラートが発生した場合には、電子メール配信やコンソール表示をはじめ、JMX、JMS、SNMPなどのプロトコルを使用したメッセージとして配信できる。

 一方、WLOCエージェントは、ドメインで管理される仮想化リソース、または非仮想化リソースを管理するための仕組み。「ESXエージェント」と「Plainエージェント」の2つで構成される。JVMごとにWLOCエージェントを導入することで、JVMの状況を監視し、その情報をWLOCコントローラに提供することができる。

 ESXエージェントは、VMwareのハイパーバイザ上に搭載されたBEA WebLogic Server Virtual Editionや、BEA LiquidVMテクノロジで構築された仮想アプライアンスを管理するための機能を提供し、Plainエージェントは、BEA WebLogic Serverや一般的なJVM環境などの非仮想化環境を管理するための機能を提供する。

柔軟かつ動的な仮想化環境を実現

 WLOCを利用するメリットは、仮想化/非仮想化のJavaアプリケーション監視の効率化や容易なリソース管理および運用環境の実現、Javaアプリケーションやサービスの制御の最適化など。柔軟かつ動的なJavaアプリケーション仮想化環境を実現できる。

 たとえば、ハイパーバイザとBEA WebLogic Server Virtual Editionにより仮想化環境を実現することで、サーバリソースの稼働効率を高め、データセンターに関わるコストを削減することが可能。また、仮想アプライアンスを構成することで、インストールや設定、プロビジョニングなどの定義を容易にすることができる。

 WLOCではさらに、仮想化されたJavaアプリケーション環境、仮想化されていないJavaアプリケーション環境に関わらず、すべてのJavaアプリケーションに対する監視と配布の自動化が可能。Javaアプリケーションの稼働場所や稼働環境を意識することなく、ひとつのコンソールから制御することができる。

これは、仮想化環境といってもランチャやコンソール、それにJNI利用のwebアプリケーションなどBEA WebLogic Server Virtual Editionの制限事項にひっかかるアプリケーションは、非仮想化環境で動作させる必要があり、この部分をカバーするために、WLOCは非仮想化環境をサポートしているといえる。

 より詳しいWLOCの情報については、日本BEAシステムズが提供するホワイトペーパー「エンタープライズJavaのためのアプリケーションの仮想化」を参照してほしい。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]