BEAの「仮想化2.0」とその先を探る

SOAと仮想化の関係は?--常に進化を続けるBEAのミドルウェア戦略

SOAは、いまやBEA Systemsの代名詞と言っても過言ではない。さて、2008年6月にオラクルによるBEA Systemsの買収が完了し、BEAの名前は事実上消滅するものの、オラクルのSOA戦略の中核として今後もBEAのテクノロジや製品群は進化していくことになる。最終回では、BEAという会社の歴史を振り返りながらSOAと仮想化の関係性について紹介する。 2008-07-22 15:30:00

仮想化/非仮想化をまとめてJavaアプリを集中管理:WLOC

BEA Systemsでは、アプリケーションサーバ仮想化の次のステップとしてJavaアプリ仮想化環境を集中管理する「BEA WebLogic Operations Control」を提供している。 2008-07-14 17:00:00

アプリケーションサーバ仮想化における10の疑問

アプリケーションサーバの仮想化は、「本当にOS無しで大丈夫なのか?」。今回は、仮想化においてユーザーが気になるであろうことについてまとめてみたい。 2008-06-10 17:00:00

BEA LiquidVMが高い性能とメモリ使用効率を実現できるわけ

BEA LiquidVMは適応型メモリ管理により仮想化環境のスループットを2倍にする。今回は、そのBEA LiquidVMの仕組みについて紹介する。 2008-06-04 10:00:00

仮想化Java環境のスループットを2倍に--BEA LiquidVMの適応型メモリ管理

限られたメモリをいかに有効活用しながら仮想化環境を実現するか。BEA LiquidVMは、適応型メモリ管理によりこの問題を解決する。 2008-05-16 17:00:00

仮想化によるコスト削減を見える化:オンラインTCOカリキュレータ

仮想化による効果に疑問がある?BEA Systemsが仮想化環境を導入した場合のコスト低減効果を分析できる「オンラインTCOカリキュレータ」をウェブサイトで無償公開している。 2008-05-09 19:00:00

仮想化2.0でサーバコスト50%削減:First American

仮想化2.0の導入メリットとはどのようなものなのか。First Americanの事例を交えて紹介する。 2008-04-24 20:00:00

サーバだけからシステム全体の仮想化へ至る道

BEAの提唱する「仮想化2.0」は「仮想化1.0」とどう違うのか? 今回からいよいよ本題に入る。 2008-04-17 08:00:00

まずは仮想化のこれまでを総ざらい:BEAの「仮想化2.0」とその先を探る

仮想化と聞くとOSの仮想化を思い浮かべるかもしれない。しかし、BEAの「Virtualization 2.0」ではJavaの仮想化も実現されている。適用範囲の広がる仮想化のこれまでと今後を見てみたい。 2008-04-10 08:00:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]