FAQ:Herokuと既存システムはどうやって連携させるの?

林田宏介 (アクセンチュア株式会社)
2012-07-12 09:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q2:Heroku上で構築したアプリケーションはForce.comや社内システムとどう連携させるの?

 Heroku上のアプリケーションとForce.comを連携させるには、SOAP、RESTでのHTTPをベースとした方法と、ActiveSalesforce(Ruby)、JPA(Java)を利用した方法があります。

 ただし、HerokuのHTTP接続には制約があるため、Force.comとの連携にはActibeSalesforceとJPAを利用する方法をお奨めします。なお、Heroku上のアプリケーションとForce.comの連携については、本連載の第1回をご参照ください

 社内システムと連携させる場合にもSOAP、RESTを利用した連携が可能ですが、HerokuのHTTPの接続制限から、まとまったデータの連携についてはHeroku PostgresやAWSのAmazon RDSといったDatabase as a Service(以下DaaS)を利用したデータベースでの連携を行います。

 余談になりますが、Heroku PostgresとAmazon RDSのどちらを使った方が良いのかといった質問を受けることがあります。自動バックアップ、メンテナンスフリー、接続の暗号化(SSL)と、双方が持つ機能にはあまり差が無いので判断が難しいところだと思います。

 ただ、格納できるデータのサイズは、Heroku Postgresが2TBなのに対してAmazon RDSは1TBという大きさの違いがあります。また、RDSはリードレプリカが利用できるため、他のシステムへ読み込み専用のデータベースを提供できるなど、機能面でも若干異なっています。 基本的にはHeroku Postgresの使用を前提として、外部システムや他のAWSとの連携要件次第で、Amazon RDSを選択するのが良いと思います。

Q3:Herokuを使った場合にセキュリティが心配なのですが…

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]