Google App Engineでもうちょっとがんばってみる:メール送信プログラム

白石俊平(あゆた)
2008-04-11 18:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さらに深く

 Google App Engineに関する本特集は、今回が二回目だ。前回は「Hello, World」プログラムを通じて、App Engineにおけるwebappフレームワークの使用方法と設定方法、そしてインターネットに公開する方法を学んだ。今回は、App Engineが持つ様々なAPIの使用方法を学んでいこう

App Engineが持つ様々な機能

 App Engineは、Webアプリを作成するために頻繁に利用される機能をAPIとして提供している。大まかに分けて、以下のような機能が存在する。

  • Webアプリケーションフレームワーク
  • データストア
  • Googleアカウントを用いた認証
  • 外部のWebサイトへのHTTPリクエスト
  • メール送信機能

 今回は、以下のようなサンプルを作成する過程を学ぶことにする。

 Googleアカウントにログインしていない状態でアクセスすると、まずログイン画面へとリダイレクトされる。

遷移先のログイン画面

 この画面からGoogleアカウントでログインを行うと、アプリケーションのWebページが表示される。

結果画面

 画面に表示されている通り、アカウントのメールアドレスに対して、アプリケーションからメールが送信されている。

送信されたメール

 簡単なサンプルではあるが、これにより「認証」「メール送信」「テンプレートエンジンを利用したHTML生成」について解説していきたい。

 また、App Engineの最も重要な機能ともいえる「データストア」に関しては、次回の記事で詳しく説明する。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ