Google App Engine詳解:さっそくHello Worldから作ってみた

白石俊平(あゆた)
2008-04-11 15:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリケーションの公開

 ローカルでアプリケーションの動作を確認したら、いよいよアプリケーションを公開するときだ。アプリケーションの公開には、「http://appengine.google.com/」からApp Engineにサインインしている必要がある。

 サインインすると、アプリケーションの作成を始めるためのボタンが表示される。

 ここでボタンを押すと、アプリケーションの作成画面。「Application Identifier」の欄には、先ほどapp.yamlで設定したアプリケーションID、「Application Title」の欄にはアプリケーションのタイトルを設定する。

アプリケーション設定

 下部の「Authentication Options」の欄は、アプリケーションの認証に関する設定だ。Googleアカウントを持つすべてのユーザに対してアプリケーションを公開するか、それともGoogle Appsドメインに限定して公開するかを選ぶことができる。

 この設定が完了すれば、アプリケーション公開の準備は完了だ。

 ローカルのコマンドプロンプトに戻り、先ほどと同じディレクトリから以下のコマンドを実行する。

appcfg.py update bulder-example1/

 その後Googleアカウントに登録したEmailアドレスとパスワードを入力すれば、アプリケーションのアップロードと公開が完了する。公開されたアプリは以下のアドレスから見ることができる。

http://アプリケーションID.appspot.com

 なお、当連載に先立って筆者が作成したアプリケーションは「http://builder-example.appspot.com」からアクセスすることができる。App Engineの機能を一通り使うのが目的だったため、完成度はまだまだ低いが、一応フル機能のソーシャルブックマークアプリにする予定だ。

 なお公開中のアプリケーションに関しては、CPU使用率や帯域利用率、データ使用量などを表示したり、ログを参照したりすることのできる管理コンソールを利用することができる。まさに至れり尽くせりと言った印象。

管理コンソール

まとめ

 今回は、App Engineを初めて利用するにあたり、アプリケーションの作成方法と公開方法を詳解した。次回以降はApp EngineのAPIをさらに広く解説していく予定だ。

  • コメント(4件)
#1 anonymous   2008-11-07 19:48:03
わかりやすかった
#2 anonymous   2009-03-23 22:25:22
bulder-example1がtypoです。
#3 anonymous   2009-04-07 18:00:06
a-
HTMLタグは使えません
HTMLタグは使えません
#4 anonymous   2010-02-13 21:38:30
aaa
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]