Google App Engine詳解:さっそくHello Worldから作ってみた

白石俊平(あゆた)
2008-04-11 15:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

app.yamlの作成

 さて、通常のCGIであれば、上記のファイルをWebサーバ上に配置すればあとはブラウザからアクセスするだけなのだが、App Engineではアプリを公開するのにもうひと手間必要だ。それは、Webアプリケーション全体の設定ファイルであるapp.yamlの作成だ。

 app.yamlは、拡張子を見てもわかる通りYAMLと言う形式で書かれたファイルだ。YAMLについては個々では詳しく論じないので、Wikipediaなどを参照してほしい。以下の内容を、「builder-example1/app.yaml」と言うファイルに保存する。

# アプリケーションのID
application: builder-example1

# アプリケーションのバージョン
version: 1

# ランタイムの名称。現時点では「python」のみ
runtime: python

# アプリケーションが前提としているAPIのバージョン
api_version: 1

# URLと、その処理方法の定義
handlers:
- url: /.*
  script: builder-example1.py

 各要素の説明は、コメント(#で始まる行)を参照していただきたい。重要なのは「handlers」に記述された内容で、正規表現で指定したurlと、それを処理する方法(scriptなど)を定義する。ここでは、すべてのURLをbuilder-example1.pyで処理することになる。

 また、「application」に指定された文字列も重要だ。これについては後述する。

開発用サーバの起動とテスト

 これでソースコードの記述は完了だ。では、SDKに付属する開発用サーバ上でアプリケーションを動かし、動作を確認してみよう。

 builder-example1ディレクトリより「一つ上」のディレクトリ上で、以下のコマンドを実行する(dev_appserver.pyはSDKに含まれているコマンド)。

dev_appserver.py builder-example1/

 いくつかの起動メッセージの後に、以下のようなメッセージが表示されれば起動成功だ。あとは、「http://localhost:8080/」にアクセスして動作を確認してほしい。

INFO     2008-04-10 12:59:23,476 dev_appserver_main.py] Running application builder-example1 on port 8080: http://localhost:8080
  • コメント(4件)
#1 anonymous   2008-11-07 19:48:03
わかりやすかった
#2 anonymous   2009-03-23 22:25:22
bulder-example1がtypoです。
#3 anonymous   2009-04-07 18:00:06
a-
HTMLタグは使えません
HTMLタグは使えません
#4 anonymous   2010-02-13 21:38:30
aaa
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]