「クラウドのある世界」はどれだけ便利?--自分たち専用のクラウドを作る

高橋浩和(VA Linux Systems Japan)
2009-05-11 14:00:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今まではコスト的な問題や人的な問題で、十分にITを利用できなかった部門や小さな企業でも、容易にITを利用できるようになります。また、今までは将来を予測し、その予測に基づきITシステムに初期投資を行う必要がありましたが、クラウドの登場によりシステムへの投資のモデルも変わります。

 始めるときに必要最小限の大きさのシステムでスモールスタートしておき、処理量が増えた時に必要なだけコンピュータ資源を追加すれば良くなります。更に、本来利用者としては行わずに済ませたいサーバ管理からも解放されます。

【コラム】クラウドコンピューティングのモデル

 ネットワークの向こうにあるコンピュータ資源として提供されるものには、大きく分けて2種類あります。ひとつはアプリケーションサービスで、もうひとつはアプリケーションを動かすための基盤です。

 クラウドでアプリケーションサービスを提供するモデルを「SaaS(Software as a service)」と呼び、基盤を提供するモデルを「PaaS (Platform as a service)」と呼びます。PaaSの中でも特にハードウェアに近いものの提供のみを行うモデルを「IaaS (Infrastructure as a service)」または「HaaS(Hardware as a service)と呼ぶこともあります。

 クラウドという言葉から、何か非常に新しい技術であるような印象を持たれる方もおられると思いますが、実際のところPaaSは、ホスティングサービスの自由度を高めて、より使いやすくしたもの。SaaSは、以前一度脚光を浴びたASP(Application Service Provider)の焼き直しと考えて良いと思います。かつてのインフラでは理想と現実のギャップが大きく、うまくいきませんでしが、ようやくその理想を実現できる環境が整ってきたというわけです。

 既にサービスを行っているPaaSサービス業者として、有名なところは、AmazonとGoogleでしょう。Amazonは仮想マシンを貸し出すモデル、Googleはアプケーション実行環境を貸し出すモデルでサービスを行っています。

 SaaSサービスで有名なところとしては、Salesforce.comが挙げられるでしょう。営業支援サービス(SFA)をSaaSとして提供しています。さらにこの会社はForce.comという PaaSサービスにも力を入れてきています。

クラウド業者の主なサービス領域(出典:VA Linux Systems Japan)
  • コメント(1件)
#1 anonymous   2009-06-09 19:18:36
????A??A?y?????????/textarea>
HTMLタグは使えません




ソースコード(任意) : こちらに入力されたソースコードは整形されて表示されます。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]