オープン、そしてソーシャルへ--テクノロジトレンドはどう変わっていくか

五味明子
2013-01-02 20:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらに“オープンクラウド”というキーワードで呼ばれることが多い、オープンソースをもとにしたクラウドテクノロジへの関心も大きく高まった。OpenStack、CloudStack、Cloud Foundry、Eucalyptus、OpenFlowなどがそれで、今後はAWSやVMwareといった大手クラウドベンダのプラットフォームとの連携が進むことが期待される。

 クラウドではもうひとつ、小さいが注目すべきニュースがこの年末にあった。GoogleがGoogle Appsの無償版の提供を中止したのだ。Microsoft Officeのオルタナティブな存在を狙うGoogleだが、Google Apps無償版の提供をストップしたことは企業向けクラウドサービスに本腰を入れ始めるサインと見ることもできる。2012年はOffice 365の競合製品として少しずつその普及に拡がりを見せてきたGoogle Appsだが、2013年はクラウドビジネスで大きな転換を迎える可能性は高い。

LAMPからGUNDAMへ

 余談ではあるが、クラウドアプリケーションを開発するデベロッパに必要な技術として、以前はよくLAMP(Linux、Apache、MySQL、Perl/PHP)という言葉が使われていたが、2012年はGUNDAM(Github、Ubuntu、Node、Dropbox、AWS、MongDB)が主流になりつつあるという話を聞いた。

 これらが象徴するのは、やはり4つのテクノロジトレンドであると同時に、技術も開発のスタイルもオープンでソーシャルへと大きくシフトしている点だ。この流れは2013年はさらに加速していくのではないだろうか。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]