クラウド連携基盤「Samurai Toolkit」がOSSとして公開

ZDNet Japan Staff
2012-04-03 16:54:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニッポンクラウド ワーキンググループが、クラウド連携基盤「Samurai Toolkit」をオープンソースとして公開した。まずはID連携モジュール「Samurai SSO」と、UI連携モジュール「Samurai Gadget」をMITライセンスで公開している。

 Samurai Toolkitは、クラウド連携に必要な機能をモジュール化してアプリケーションやデータの可搬性を高め、複数のアプリケーションやクラウドサービスの連携を容易にするクラウド連携基盤。今回公開されたSamurai SSOは、ID連携とシングルサインオンを実現するためのモジュール。Samurai Gadgetは、ポータルサイトなどと連携するためのモジュールとなっている。

 Samurai Toolkitを構成する三要素、「ID」「UI」「データ」のうち前者2つが公開されたことになるが、今後データの可搬性を高める連携モジュールも公開する予定だ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]