OpenFlowを勉強する前におさえておきたい「ネットワーク仮想化」の基礎知識

杉山貴章(オングス)
2012-03-08 15:44:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトウェアによるネットワークの構築

 仮想環境では、専用のハードウェアを使ったネットワーク構成の他に、仮想環境内部の仮想マシン同士を接続するためのソフトウェア的なネットワークが必要となる。この仮想的なネットワークは、ソフトウェアで実装されたスイッチやファイアウォール、ロードバランサーなどのネットワーク機器によって構成される。それぞれの仮想マシンには仮想ネットワークアダプタが用意され、MACアドレスやIPアドレスを割り当てることができるようになっている。

 仮想ネットワークはソフトウェアだけで構成することが可能なため、特別な機器を用意したり、ケーブルを接続したりすることなく、自由にネットワークの構成を変更できるというメリットがある。

仮想環境内の仮想ネットワークのイメージ 仮想環境内の仮想ネットワークのイメージ
※クリックで拡大画像を表示

 仮想ネットワークは仮想化ソフトウェアの搭載されたサーバマシン内に構築されるのが一般的だが、最近ではスイッチ上に仮想ネットワークを構築するためのネットワーク仮想化ソフトなども登場している。

 このようなソフトウェアによるネットワーク構築を実現する上で注目されている技術に「OpenFlow」がある。

 OpenFlowは、ソフトウェアによってネットワークの構成や設定を記述できる新しい規格である。OpenFlowでは、ネットワーク上の複数の「OpenFlowスイッチ」を「OpenFlowコントローラ」で集中制御する仕組みになっている。一般にOpenFlowスイッチはハードウェアで実現されるが、ソフトウェアで実装することも可能なため、仮想ネットワークを構築する上でも重要な技術になってくるだろう。

キーワード解説一覧

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterbuilder)、RSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]