Hadoopが秘める可能性:オンプレミスでもクラウドでも使えるプラットフォームの魅力

鵜澤幹夫
2009-11-05 22:18:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンプレミスでもクラウドでも活用できるHadoop

 Hadoop World 2009の主催者は、オープンソースのディストリビューションを行うという意味において、Linux分野でのRed Hatのようなポジションを確立しているCloudera。そこに、コントリビューターとユーザーが参加するかたちで、初めてのHadoopカンファレンスが開催されたわけである。

 ただし特筆すべきこととして、それぞれのコントリビューターはHadoopのユーザーでもあり、相互にテクノロジーを利用し合うことでコミュニティを活性化している点が挙げられる。

 すでに説明したように、Hadoopはオープンソース。Clouderaのサイトから自由にダウンロードできるため、たとえばYahooは自社のデータセンターでHadoopを運用している。その一方、AmazonがHadoopサービスとして提供しているElastic MapReduceを利用している企業もある。

 つまり、オンプレミスでもクラウドでも、Hadoopを活用するための環境が整っていることになる。

Cloudera、Amazon、Yahoo、IBM、Facebook…次々に登壇する豪華講演者

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]