標準カーネル統合間近!TOMOYO Linuxの足跡:第3回--TOMOYOを支えた人々

富永恭子(ロビンソン)
2009-03-18 11:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Linux開発で世界をリードする日本の技術」

 2009年10月、Linuxカーネルの開発者にとって、もっとも重要なイベントである「Linux Kernel Developers Summit(カーネル・サミット)」が東京で開催される。

 カーネル・サミットの日本での開催は、これが初めてだ。これまでLinux Symposiumと同時期にオタワで開催されるのが通例だったが、2007年の英国ケンブリッジに続き、日本での開催を決定した背景には、日本を含むアジア圏の開発者の活動が活発化したことがある。

The Linux Foundation, Executive Director, Jim Zemlin氏 The Linux Foundation, Executive Director, Jim Zemlin氏

 「日本からのLinuxカーネル開発に対する貢献度は、他国と比較しても非常に大きい。また、携帯電話や情報家電など組み込み系と呼ばれる領域でのLinuxの活用も拡大し続けている。

 その意味で、日本はLinux開発で世界をリードできる立場にあり、同時にLinuxにとっても重要な地域となっている。

 今回、カーネル・サミットは、Japan Linux Symposiumと併設して開催される。そのため、開発者だけでなく、日本のデベロッパーにとっても重要なイベントとなるはずだ」と、Zemlin氏は語る。

 カーネル・サミットでは、Linuxの中心となるカーネル開発者が集まり、今後、Linuxをどの方向に導いていくかについての議論が行われる。もちろんLinus Torvalds氏も参加する。

 予測通り、7月に標準カーネルへの統合が実現すれば、TOMOYO Linuxが10月の東京でのカーネル・サミットで活況を呈することは間違いないだろう。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]