デルの仮想化新製品の意味するところ

文:Dan Kusnetzky(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-05-14 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発表内容の詳細

 では、この営業トークを解読し、Dellが本当に言おうとしていることを探ってみよう。

  • Dellは同社のウェブサイトに新たなセクションを追加し、Dellのハードウェアと、VMwareが仮想化環境向けに提供している仮想マシンソフトウェアや管理ソフトウェアを組み合わせたかたちでのハードウェアの構成および購入を容易に行えるようにした。Dellのウェブサイトにおけるこのセクションでは、小規模あるいは遠隔地のデータセンターや、中規模のデータセンター、大規模なデータセンターそれぞれを対象として、検証、統合されたソリューション一式をDellの顧客がより容易に購入できるよう、さまざまなハードウェアやソフトウェア、サービスを組み合わせて提供している。
  • 新製品であるPowerEdge R805(2ソケットサーバ)とPowerEdge R905(4ソケットサーバ)は、VMwareやCitrixのハイパーバイザテクノロジと組み合わせることができる。
  • Dellの高機能なEquallogicストレージシステムとの連携が強化されている。
  • Egeneraとのパートナー関係により、PAN Managerが提供されている。
  • Dellのグローバルなサービスグループが提供するサービスとの連携が強化されている。

 以上ですべてのはずだ。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]