仮想化ソフト「Hyper-V」を試用してみた

文:Ed Bott(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-04-30 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Microsoftの仮想化プラットフォームである「Hyper-V」のリリース候補版を試用したので、その概要をフォトレポートとして紹介する。

マルチコアのサポート:
 仮想CPUのデフォルト設定では、シングルプロセッサコアが使用されるようになっている。しかし、追加のコアを割り当てることも可能となっている。今回使用している物理マシンはクアッドコアのCPUを搭載しているため、コアの数は最大4つまで指定することができる。また、仮想マシンが物理マシンのリソースを独占してしまうことのないよう、CPUリソースの使用率を制限することもできる。

仮想化ソフト「Hyper-V」を試用してみた 文:Ed Bott(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]