仮想化ソフト「Hyper-V」を試用してみた

文:Ed Bott(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-04-30 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Microsoftの仮想化プラットフォームである「Hyper-V」のリリース候補版を試用したので、その概要をフォトレポートとして紹介する。

新たな仮想マシンの作成:
 このウィザードを用いることで、新たな仮想マシン上で使用する仮想ハードウェアを指定することができる。メモリサイズやハードディスクサイズ、ネットワークの設定を指定した後、OSのインストールに使用するメディアを指定する。今回は、Windows Vista DVDのISOイメージを指定している。

仮想化ソフト「Hyper-V」を試用してみた 文:Ed Bott(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]