仮想化ソフト「Hyper-V」を試用してみた

文:Ed Bott(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-04-30 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Microsoftの仮想化プラットフォームである「Hyper-V」のリリース候補版を試用したので、その概要をフォトレポートとして紹介する。

Hyper-V管理コンソール:
 新たな仮想マシンを作成したり、既存の仮想マシンを使用するには、Hyper-V Managerを使用することになる。サーバに接続する際には、左側のペインを用いることになる。また右側のペインには、仮想マシンを実際に接続することなしにその設定の変更を行うためのリンクも用意されている。さらに、仮想マシン(Virtual Machines)のリストの下に表示されているスナップショット(Snapshots)ペインを用いることで、仮想マシンを過去の状態にロールバックさせることができるようにもなっている。

仮想化ソフト「Hyper-V」を試用してみた 文:Ed Bott(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]