VMware Workstation 6を使って仮想マシンによるテスト環境を作成する方法教えます

文:Steven Warren(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-04-14 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「VMware Workstation」をインストールすることで、さまざまなOSでテストを行うための環境を構築する方法を解説する。

提供:Steven Warren(TechRepublic)

 「Windows Longhorn(experimental)」を選択し、[次へ]を選択する。次の画面で、仮想マシンの名前(今回はDCと指定)とそのロケーションを指定する。その次に、この仮想マシンに割り当てたいメモリ容量を指定する。

 私は、各仮想マシンに対して最低でも250~500Mバイトのメモリを割り当てることを推奨する。仮想マシンに割り当てるメモリが多いほど、その仮想マシンは高速かつ安定して動作するようになる。ただし、実際のOSを稼働させるためのメモリを十分に残しておく必要があるということも忘れてはならない。実行したいすべての仮想マシンに対する十分なメモリがコンピュータ上に搭載されていない場合、割り当てるメモリを随時減らすことができる。

 次の画面(下図参照)では、ネットワーク設定を行うことができる。今回の例では、ゲストOSが外部のイーサネットネットワークにアクセスできるよう、[ブリッジネットワークを使用]を選択する。なお、この設定にした場合、仮想マシンをDHCPサーバに接続するか、IPアドレスを手動で設定することができる。

VMware Workstation 6を使って仮想マシンによるテスト環境を作成する方法教えます 文:Steven Warren(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]