VMware Workstation 6を使って仮想マシンによるテスト環境を作成する方法教えます

文:Steven Warren(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
2008-04-14 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「VMware Workstation」をインストールすることで、さまざまなOSでテストを行うための環境を構築する方法を解説する。

提供:Steven Warren(TechRepublic)

 複数の仮想マシンを実行できるようにするためには、2Gバイト以上のメモリが必要であると判断した。このコンピュータのホストOSはWindows Vistaであり、Vistaは5つのVMware仮想マシンを並列実行することができる。そして、それらの仮想マシンすべてをネットワークに接続することで、ファイル共有といったネットワークリソースのみならず、インターネットにもアクセスできるようにしている。また、このコンピュータのメモリを4Gバイトにまで増設して、より多くの仮想マシンを実行し、64ビット版のWindows Vistaをロードすれば、仮想リソースをさらに拡張することも可能である。

 ここで説明している手順を試してみるには、VMware Workstationの試用版または製品版が必要となる。試用版はhttp://www.vmware.com/jp/products/ws/からダウンロードすることができる。実行可能ファイルの実行を行うと、あなたが指定したディレクトリにVMwareがインストールされ、VMware仮想イーサネットアダプタが作成される。こういったアダプタはあなたのシステムにおいて、下図のようなネットワーク接続として表示される。

VMware Workstation 6を使って仮想マシンによるテスト環境を作成する方法教えます 文:Steven Warren(TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]