被害妄想なマネージャーたち--7つの特徴

文:Ramon Padilla 翻訳校正:石橋啓一郎
2008-02-12 16:59:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私は最近、一定の割合の管理職は、自分がいない時に部下が自分よりも優秀に見えてしまうことを心配し、オフィスの外に出るのを恐れているという宣伝文句のついた調査を見ることがあった。そう回答した人たちの正確な数字は覚えていないのだが、小さな数字ではなかった。

 私はこの回答に少しショックを受けた。なぜなら、私は(単純なのかも知れないが)オフィスの外に出ている時、こんなことを考えたことはなかったからだ。このような被害妄想的な恐れを持っているマネージャーは、彼らの管理に問題について、以下のように語っている。

1.彼らの地位は不安定である。

2.彼らは食うか食われるかの環境で働いている。

3.彼らは自分の部下をおそれている。

4.彼らはおそらく、すべての手柄を独り占めしている。

5.彼らはおそらく、決して責任を共有しようとしない。

6.彼らは自尊心が低い。

7.彼らは自分の市場価値を高く見ておらず、職を失うことに対する恐れを大きくしている。

 私がまったく間違っていて、実際に彼らは非常によく順応しており、現状の分析に特に敏感であるだけだということがあるだろうか?少数はそうかも知れないが、私は大多数の回答者は、上記の問題に1つ以上は当てはまるだろうと思う。どの項目も悪いことであり、もう少し説明が必要だろう。

 1番目の項目はもっとも重要なもので、オフィスの外にいると部下に負けてしまうと本当に恐れているマネージャーは、役に立たない。これらのマネージャーは、部下のよき助言者にはなれないだろうし、継続性や後継者育成について判断することもできず、おそらくリスクを非常に嫌い、非常に支配したがり、すべてのことを自分で判断したがり、そしておそらく極端に細かいところまで管理したがるだろう。別の言い方で言えば、その下で働くのはさぞ大変だろうということだ。

 最初の2つの問題を解決するには、この不安定さは現在の環境で実際に見られる現象に根ざしているのかどうかを考えてみる必要がある(彼らは、それが職場の他の者たちに起こったのを見ているか?)。これは過去の経験を反映させたものなのか、それとも純粋な被害妄想なのかということだ。もしこれが、その職場での一般的な慣習であり、その職場が常に選手名簿上の居場所を競い合っているNFLチームなどでなければ、もっと健全な環境を探すことを考えるべきかも知れない。もしこの不安定さが他の要因に基づくものであれば、おそらく真剣に内省する必要があろう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ