もはや未来ではない64ビット版Windows Server、導入前の注意点をおさらいしよう

文:Rick Vanover 翻訳校正:吉井美有
2008-02-05 08:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピューティングリソースから最大限のパワーを引き出したいと誰もが思っている。そして、データセンターにおいてはWindows Serverの64ビット版の採用が進んでいる。そこで今回は、64ビット版Windows Serverのメリットを享受するとともに、潜在的な問題を避けるために知っておくべき10項目を解説する。

#1:ドライバは一筋縄ではいかない

 ある種のドライバ、具体的に言えばRAIDコントローラをちゃんと使えるようにするのは至難の業だ。と言っても不可能なわけではない。馴染みのある32ビット用ドライバを使う場合に比べると事前に考慮することが増えるのだ。自社のすべてのサーバハードウェアについて、64ビット版のドライバが提供されているかどうかを定期的にチェックするようにしよう。

#2:一部のBIOS設定では64ビット機能が無効化されている

 Dellの「PowerEdge」やHPの「ProLiant」の現行システムのほとんどでは、BIOSの設定で64ビット機能が無効化されている。こういった設定は、BIOSの「仮想化テクノロジ」設定と呼ばれているものだ。これを適切に設定し直すことで、64ビットに対応したOSのインストールが可能になる。Windows Server System製品のインストールは、64ビットの処理環境が見つからない限り先に進まない。

 インストールによっては、32ビットと64ビットの両方に対応しているものもあることに注意してほしい。その例として、プロセッサシステムが32ビットか64ビットかにかかわらずインストールが可能な「VMware ESX Server」というOS(日本語版の注:原文表記による。VMware ESX Server 3iはホストOSを必要としないが、OSそのものとは位置づけが異なる。詳しくはヴイエムウェアの発表資料などを参照してほしい)がある。OSをインストールする前に、インストールに適した設定となっていることを確認しよう。また、マザーボードの交換やBIOSの書き換えなどを行うと設定がデフォルトに戻ることもあるので注意が必要だ。

#3:Windowsタスクマネージャは環境を区別する

 Windowsタスクマネージャの表示は32ビットプロセスの場合と64ビットプロセスの場合で異なる。あなたもすぐこれに気付くだろう。32ビットプロセスの場合、一覧で表示されるプロセス名の末尾に「*32」が付加される。ただし、実行中のプロセスには付加されない。64ビットプロセスの場合、名前のどこかに「64」という文字が含まれる可能性がある。

#4:サービスパックの管理には別アプローチが必要となる

 「Windows Server 2003」の64ビット版では、32ビット版とは異なるサービスバックがリリースされている。あなたのアップデート管理戦略に応じて、64ビット版のアップデートも適用し、テストする必要があるだろう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ