VMware Fusion上でMac OSが稼働

大野晋一(編集部)
2008-01-17 03:20:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VMWare Fusionの開発チームは15日、VMWareがホストするブログサービス上に、Mac OS X Server 10.5(Leopard Server)を仮想化環境で動かしている様子を投稿した。画像およびビデオが公開されており、信憑性は高そうだ。

 OS Xを仮想化環境で動かすにはいくつかの「壁」が存在する。そのうち最も大きな壁だったライセンスの問題が最近解決した。AppleによるMac OS X Serverのライセンス変更でMacにインストールされた仮想化ソフトウェア上でOS Xを動かせることになったのだ。今回の動きはこれを受けてのものだろう。

 また、OS Xは通常のx86マシンで稼働できないようカーネルに「細工」がされていることも壁のひとつ。これまでもこの「細工」を外してMacではないx86マシンにOS Xをインストールすることはできた。しかし、これは明らかにライセンス違反となる。VMWareがブログ上で明らかにしたところによれば、今回公開された環境ではゲストとなるOS Xにもホスト側にもこうしたハックを施していないという。つまり、アップルのライセンスに従う形で正規に仮想化されたOS Xを稼働させているわけだ。VMWareはブログの中でMac以外にインストールされたVMWareで仮想化されたOS Xを動かす手段をサポートしない旨を明らかにしている。

 同社ではMacWorldでこの環境をデモンストレーションしており、ブログでは画像とビデオを公開している。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ