富士通、デジタルアニーラ普及で技術者コンテストを開催

NO BUDGET
2019-01-22 17:22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は1月15日、計算機アーキテクチャ「デジタルアニーラ」で問題を解くコンテストを、高度なスキルを持つ世界最大級の技術者コミュニティー「Topcoder」に登録しているメンバーを対象に開催すると発表した。

 デジタルアニーラは、従来の半導体技術を用いて、実社会における組み合わせ最適化問題を高速に解くことができる計算機アーキテクチャで、従来のコンピュータでは解を得ることが難しい問題を、量子現象に着想を得た組み合わせ最適化で高速に解く技術。富士通研究所が開発し、2018年5月に富士通がサービス提供を開始している。

 Topcoderは、Wiproによって運営される世界最大級の技術者のコミュニティー。アルゴリズム、ソフトウェア開発、UI/UXデザイン分野の最新技術に強いスキルと関心を持つメンバーが世界で138万人以上(2018年12月1日時点)登録している。日本国内では、TC3がTopcoderのコンテストを活用した最新スキルの委託サービスを提供している。

 コンテストは、Topcoderのメンバーがデジタルアニーラの利用方法をハンズオン形式で学ぶラーニングコンテストに参加した上で、デジタルアニーラを用いて特定の問題を解決する。2月1日〜3月初旬(約10日間×3回)の予定でラーニングコンテストを行い、3月中旬〜3月下旬(約2週間)で競技コンテストを実施する。競技内容は、最適化問題をデジタルアニーラで解くに当たり、一度の計算では解を出せない大規模問題を、速くかつ正確に計算可能とする最適な分割方法を競う。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]