いずれPythonのライバルに?新言語「Julia」の人気が急上昇

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部
2018-08-17 12:17:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月第2週に発表されたTIOBEのプログラミング言語人気インデックスでは、Pythonの人気が今後C++を追い越す可能性が高いとして話題になったが、実はこのとき、まだ新しい言語である「Julia」が、初めて同ランキングのトップ50入りを果たしていた。

 開発会社のコンサルティングが専門の調査会社RedMonkの共同創業者Stephen O'Grady氏も、Juliaに対する関心が高まってきていると述べている。同言語は、RedMonkが発表した最新のプログラミング言語人気ランキングで、過去3カ月の間に順位を3つ上げて36位にランクインした。1年前には52位だったJuliaは、同ランキングで4四半期連続で順位を上げている。

 O'Grady氏は、RedMonkが先週初めて、Juliaに関する問い合わせを受けたと述べている。同氏がこれに特に強い関心を持ったのは、問い合わせてきたのが大手ベンダーだったためだ。質問は、「Juliaについてどう思うか?今後もニッチな言語のままなのか、それとも成長するのか、消えていくのか?」というものだったという。

 Juliaの人気が高まっている理由は、2012年にJuliaが公開された際、この言語の4人の開発者が語った目標を聞けばある程度理解できるかも知れない。その目標とは、科学技術計算、機械学習、データマイニング、大規模な線形代数計算、分散・並列コンピューティングのタスクに適した、完璧な言語を作るというものだ。

 開発者らは、「われわれは、自由度が高いライセンスが適用された、オープンソースの言語を求めている。C言語の速度と、Rubyのダイナミズムを求めている。同図像性を持ち、Lispのように真のマクロを使用できるが、Matlabのような分かりやすくなじみ深い数学的記法を利用できる言語を求めている」と述べている。

 さらにこの説明は、「われわれは、Pythonのように一般的なプログラミングにも使え、Rのように統計を簡単に扱え、Perlのように文字列の処理を自然に行うことができ、Matlabのように線形代数に強く、シェルのようにプログラムを繋ぎ合わせることにも強いものを求めている。学習しやすいが、深い技術的知識を持つハッカーでも満足させられる言語だ。インタラクティブでありながら、コンパイルできるものを求めている」と続く。

 同言語はこれまでに200万回ダウンロードされているという。

 もちろんまだJuliaの人気は、歴史があって広く教えられている言語や、比較的新しいがモバイルプラットフォームの台頭によって急速に普及した言語(Android向けのKotlinや、iOS用のAppleの言語であるSwiftなど)には及ばない。

 O'Grady氏はランキングのコメントで、Juliaの着実な台頭は関心を持って注視すべきものだとしながらも、「同言語は難解であり、ニッチな状況に止まる可能性がある」と付け加えている。

 RedMonkの最新のトップ10リストには、いつもの顔ぶれが並んでおり、1位から順にJavaScript、Java、Python、PHP、C#、C++、CSS、Ruby、そして同順でCおよびObjective-Cとなっている。

RedMonkの言語人気ランキング
JuliaはRedMonkのランキングで過去3カ月間に順位を3つ上げて、36位にランクインした。
提供:RedMonk

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]