Linuxやオープンソース人材の需要が急増

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部
2018-06-29 13:04:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Linux」やオープンソース関連の人材への需要がかつてないほど高まっているようだ。The Linux Foundationと技術系求職サイトのDiceがまとめた報告書「The 2018 Open Source Jobs Report」によると、採用担当マネージャーの83%がオープンソース人材の採用を優先している一方、87%がオープンソースの人材を確保するのに苦労しているという。

 The Linux FoundationのエグゼクティブディレクターであるJim Zemlin氏は声明で次のように述べた。「Linuxやその他のオープンソースソフトウェアがソフトウェア開発で優勢な中、オープンソース技術人材への需要は高い。オープンソース技術がビジネスを前進させる手段だとの認識を企業が一層深めていることを心強く思っている。The Linux Foundationとわれわれのメンバー、そしてオープンソースエコシステムは、トレーニングと認証の機会を求める全ての人にとって極めてアクセスしやすいものであることを保証し、開発者コミュニティとその成長を可能な限りサポートすることにフォーカスしている」

 この最新の報告書によると、Linuxが再び最も需要の高いスキルとなっており、採用担当マネージャーの80%がLinuxに詳しい技術者を求めている。また、雇用者の55%はLinuxの資格取得の費用を負担しても構わないと回答している。この数字は、2017年には47%、2016年は34%となっていた。企業のこうした心積もりは、それだけ人材が必要なことを表している。

 資格取得と、仕事を通じて現場で学ぶのはどちらが良いかという論争は、相変わらず続いている。しかし、技術アナリスト企業Foote Partnersによると、一般的な資格があれば基本給に7.6%のプレミアムが加算されるという。

 入門レベルの技術職とってLinuxは必須のスキルだが、そのほかのオープンソース技術も人気が上昇している。例えば、コンテナに精通した人材の需要が急増中だ。2017年に、コンテナに詳しい人を求めている採用担当マネージャーはわずか27%だったが、現在は57%である。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]