MS元幹部らがオープンソースのクラウド開発プラットフォームPulumi立ち上げ

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 編集部
2018-06-19 10:54:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの元幹部数人が米国時間6月18日、オープンソースのクラウド製品開発プラットフォームを手がける企業としてPulumiを立ち上げた。

 Pulumiの共同創業者であるEric Rudder氏とJoe Duffy氏はともにMicrosoftの「Midori」プロジェクトのメンバーだった。

 Midoriプロジェクトは、「Windows」カーネルをベースとしない新OSの開発に向けて順調に歩を進めていた。同プロジェクトはゼロからOSを開発するだけでなく、ブラウザや関連ツールなども含むフルスタックソフトウェアの開発も手がけていた。

 Midoriプロジェクトは、ピーク時に100名にも上る開発者を抱えていたものの、2015年頃に解散された。

 Pulumiの最高経営責任者(CEO)であるDuffy氏は、「Pulumi」プラットフォームを以下のように語っている

 「Pulumiを使用することで、ローレベルのコードとしてのインフラ(IaC)から、高度に生産的かつ近代的なコンテナ/サーバレスアプリに至るまでのクラウドプログラムを、好きな言語を使ってオーサリングできるようになる」

 Pulumiは、プログラミング言語としてJavaScriptやTypeScript、Python、Goをサポートしており、クラウドプラットフォームとして「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」をサポートしている。

 Pulumiのコードや例、案内などの詳細な情報が公開されている。

クラウド

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]