グーグル、「App Maker」の一般提供を開始--「G Suite」向けローコード開発環境

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部
2018-06-15 10:05:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間6月14日、「G Suite」向け開発ツール「App Maker」の一般提供開始を発表した。App Makerは、業務用途のカスタムアプリを構築するためのローコード開発環境だ。

 同開発環境は一般提供の開始にあたり、複数の機能強化が図られている。これらの機能には、開発したカスタムアプリの所有者や利用統計、OAuth権限に関する可視性をG Suite管理者に提供するといったものが含まれている。また、OAuthのホワイトリスト機能により、管理者は承認していないアプリの実行を禁止できるようにもなる。

 なお、App Makerは「Google Cloud Platform」のアカウントを持っている顧客に対して「Cloud SQL」の組み込みサポートも提供する。これにより「Bring Your Own Database」モデルがサポートされるため、顧客はJDBC APIやREST APIを用いることで、自身のデータベースを接続できるようになる。

グーグル、「App Maker」の一般提供を開始

 App Makerでは、「Gmail」「Google Calendar」「Google Sheets」のデータやサービスとアプリを連携させることもできる。また「Apps Script」を使えば40以上のGoogleのサービスとの連携も可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]