de:code 2018基調講演--クラウドやAIが浸透した社会で組織や個人の能力拡大を

阿久津良和
2018-05-23 07:54:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3人目のBardeen氏は、新たにパブリックプレビューを開始するMicrosoft HoloLens用アプリ「Microsoft Remote Assist」「Microsoft Layout」を披露。「われわれは(Microsoft HoloLensリリースから2年間で)『遠隔支援』『空間分析』『トレーニング』『共同作業』というシナリオが重要だと学んだ。それらの中で価値の高いものを実現」(Bardeen氏)したのが先のアプリケーションである。

Microsoft CVP, Mixed Reality Studios General Manager, Lorraine Bardeen氏
Microsoft CVP, Mixed Reality Studios General Manager, Lorraine Bardeen氏

 Microsoftは「20億人に及ぶファーストラインワーカーは新たな顧客区分であり、開発者にとっても新たな好機」(Bardeen氏)と述べつつ、今後も空間分析情報を組み合わせたソリューションの提供を目指すという。Bardeen氏は日本国内事例の1つとして、インフォマティクスとホロラボのMR分野による業務提携を紹介した。東急建設の都内某建設現場で実証実験を行い、図面と配管データの表示など、建築現場での活用を目指している。

遠隔地からアドバイスを求めるなど共同作業を実現する「Microsoft Remote Assist」
遠隔地からアドバイスを求めるなど共同作業を実現する「Microsoft Remote Assist」
現実空間にリアルサイズの3Dモデルを設置し、問題の可視化や評価時間の短縮を目指す「Microsoft Layout」
現実空間にリアルサイズの3Dモデルを設置し、問題の可視化や評価時間の短縮を目指す「Microsoft Layout」
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]