DBソフト新版「FileMaker 17」がリリース--アプリ作成を迅速化

藤本和彦 (編集部)
2018-05-16 10:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファイルメーカーは5月16日、データベースソフトの最新版「FileMaker 17」をリリースした。カスタムアプリの作成を迅速化する新機能が追加されたほか、モバイル対応や管理機能の強化も図られている。

 FileMakerは、モバイルやクラウド、オンプレミス環境で動作するカスタムアプリを作成、展開するための統合型プラットフォーム。デスクトップ向けの「FileMaker Pro」、モバイル向けの「FileMaker Go」、サーバ向けの「FileMaker Server」、クラウド向けの「FileMaker Cloud」がある。現在、全世界で100万以上のユーザーが利用しており、15の言語に対応している。

 FileMaker Proの最新版では、カスタムアプリの作成を迅速化する新機能「Starter App」が搭載された。「コンテンツ管理」「タスク」「会議」「目標」「資産」「連絡先」という6種類のアプリから1つを選び、それをベースに機能を追加していくだけで、要件に応じたカスタムアプリを素早く作成することができる。

 また、ポータル機能が強化され、共通の設計パターンを作成できるようになった。これによって、自己結合用のリレーションシップや追加のスクリプトを作成することなく、マスター/詳細関係のレイアウトを設計することができるという。

 レイアウトモードも一新され、インスペクタやフィールドタブなどのレイアウトツールが見つけやすくなったほか、グループ化されたオブジェクトフィールドの選択や電子メールへの複数ファイルの添付などが可能になった。

 なお、FileMaker Proは今回のバージョンから「FileMaker Pro Advanced」に一本化された。今後デスクトップ向けはAdvanced版のみの提供となる。

Starter Appの選択画面
Starter Appの選択画面

マスター/詳細レイアウトのイメージ画面

 モバイル対応では、モバイルアプリからiPhone/iPadのセンサ情報を取得できるようになった。バッテリや位置、傾き、速度、加速度、磁気、歩数、気圧といった各種データと連動したアプリを作成できる。

 FileMaker Goがローカル通知に対応した。アプリが実行されていない、あるいはバックグラウンドで実行されている場合であっても、iPad/iPhoneにローカル通知を表示可能となる。その他にも、オートコンプリートやキーボードショートカット、ドラッグ&ドロップ(iOS 11.2搭載のiPadのみ)の対応が強化されている。

 FileMaker Serverでは、管理者コンソールのデザインを一新。軽量化と合理化されたユーザーインターフェースで、カスタムアプリの管理が容易になったとしている。FileMaker Serverを外部システムから操作する「Admin API」も試用版(2019年9月27日まで)として利用できる。

 一方、外部システムとのデータ連携を可能にする「Data API」はトライアル機能ではなくなった。機能強化によって、新たにスクリプト実行やオブジェクトフィールドへのファイルアップロードに対応し、API形式の標準化が図られているという。

 なお、FileMaker 17の新機能をサポートするFileMaker Cloudは今後数週間のうちのリリースを予定している。

 FileMaker Pro 17 Advancedの個人向けシングルライセンスの価格は、フルバージョン版が5万7600円(税別、以下同)、アップグレード版が2万2800円、アカデミック版が3万4560円。ボリュームライセンスは、5ユーザーで年間9万6000円、10ユーザーで同18万円、25ユーザーで同39万円、50ユーザーで同66万円となっている。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]