Microsoft、働き方改革を実現するアプリ構築で開発者を支援へ

ZDNet Japan Staff
2018-05-08 13:16:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Microsoftは、開発者向け会議「Microsoft Build 2018」で、Microsoft 365を開発基盤として採用するよう開発者に呼びかけた。Microsoft 365はOffice 365、Windows 10、Enterprise Mobility+Securityを組み合わせ、働く人々を支援するための機能を提供する。

 Microsoft 365は、インテリジェントエッジの重要な要素であり、開発者がマルチセンス、マルチデバイスにより、Microsoftの顧客にリーチできるよう支援する。

 Microsoftのコーポレートバイスプレジデント、Joe Belfiore氏は「1億3500万人の企業の月間アクティブユーザーがいるOffice 365、ネットに接続された約7億台のWindows 10のデバイスにより、Microsoft 365 は、開発者が、人々の働き方や働く場所にリーチできるよう支援する」と話している。

Microsoft 365における開発者の新たな機会

 Build において、Microsoftは任意の言語とフレームワークで体験を設計できる柔軟な新ツールなど、人々の働き方をよりスマートにする新たな製品やサービスを発表した。

 Microsoft 365は、Microsoft Graphとの組み合わせによって、インテリジェントなアプリケーション構築を支援する。新たなツールは以下の通りだ。

・Microsoft GraphにおけるMicrosoft Teams APIの追加と更新、Teamsにおける組織独自のアプリケーションサポートの追加により、企業や業界独自のニーズに対応したインテリジェントな体験の構築が可能になる。また、企業は独自のアプリをTeamsアップストアで公開できる

・SharePointとMicrosoft Teamsの統合強化により、SharePointのページをチャネル内に直接ピン留めし、コラボレーションを強化できるようになった。開発者は、プロジェクト内でReactなどのモダンなスクリプトベースのフレームワークを使用し、SharePointで整理できる要素を追加できる

・ExcelにおけるPower BI Visualizationsサポートの追加により、開発者がPower BI to Excel向けに作成したカスタムビジュアルを拡張し、より多くのユーザーにリーチする機能が提供される

・Fluent Design Systemへのアップデートにより、Microsoftのアップデートされたデザイン言語による没入感のある体験の構築が支援される。顧客がより多くのことをできるよう支援する洗練されたソリューションをあらゆる組織が構築できる。UWP XAML Islands により、開発者はWindows Forms、WPF、ネイティブWin32など、使用しているUIスタックにかかわらず、XAMLにアクセスできる

・.NET Core 3.0により、開発者は.NETの最新版を使用して、アプリケーションをスタンドアロンの.NET環境で稼働させ、組織の広範な基盤に影響を与えずに魅力的なアプリ体験を構築することができる

・多数のアプリケーションの容易な変換機能を提供するコンテナ化ソリューションMSIXは信頼性が高く、堅牢な導入、マネージドセキュリティモデル、エンタープライズ管理とMicrosoft Storeのサポートなど、UWPの魅力的な機能をすべて継承している

・新しいAzure Machine Learning とJavaScriptのカスタム関数により、開発者や組織はExcel数式のカタログに独自の機能を追加できる

・新プラットフォームWindows Machine Learningにより、開発者は機械学習モデルを容易に構築し、インテリジェントクラウド上で稼働し、オフラインで展開したり、高速なPCプラットフォームで実行したりできる

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]