好きな言語、よく使われる言語、AIへの意識は?--Stack Overflow開発者調査

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部
2018-03-15 07:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Stack Overflowは10万人の開発者を対象とした年間調査の結果「Developer Survey Results 2018」を発表した。最もよく使われる人気の言語や、高収入につながる言語、好まれる言語などについて明らかになった。

 この調査で、最も愛される言語はMozillaが支援する「Rust」、次いで「Kotlin」となった。Stack Overflowは2018年の調査で初めてKotlinを選択肢に入れた。Googleは2017年に、統合開発環境「Android Studio」でKotlinに対応させている。

 RedMonkが先週発表したランキングでも、KotlinはAppleの「iOS」や「macOS」向けアプリの開発言語Swiftに続いて最も成長の早い言語だとしている。

 このほか好まれる言語としては、「Python」、Microsoftの「TypeScript」、Googleの「Go」、「Swift」「JavaScript」「C#」「F#」「Clojure」が続いている。嫌われている言語としては、「Visual Basic 6」「Cobol」「CoffeeScript」「VB.NET」「VBA」などが上位となっている。

 JavaScriptは、最もよく使われる人気のプログラミング言語、スクリプト言語、マークアップ言語でトップとなった。さらに「HTML」「CSS」「SQL」「Java」「Bash/Shell」「Python」「C#」「PHP」などが続いた。Pythonは急成長している言語の1つだという。

 よく使われる人気の開発環境では、Microsoftの「Visual Studio Code」がトップとなった。プラットフォームではLinuxだ。Googleの「TensorFlow」も人気のツールとなっている。

 調査ではこの他、開発者に人工知能(AI)の将来に対する姿勢を尋ねた。AIの危険性への懸念よりも可能性が楽しみだという開発者は約73%となった。

 Teslaの最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏は、政府がAIを規制すべきだと主張しているが、可能性に期待するよりも危険性を懸念しているという開発者は約20%ほどだった。

 米国で最も高い報酬に結びつく言語は、「Erlang」「Scala」「Ocaml」「Clojure」「Go」「Groovy」「Objective-C」であり、これらの言語に関して、年収は11万~11万5000ドルとなっている。世界で高い報酬に結びつく言語は「F#」が首位となっている。

プログラミング言語

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]