マイクロソフト、「Visual Studio Tools for AI」発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部
2017-11-16 10:38:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは9月に開催したITプロフェッショナル向けの技術イベント「Microsoft Ignite」において、「Visual Studio Code」とAIサービスを統合する拡張機能を発表した。そして米国時間11月15日、同社は開発者向けイベント「Microsoft Connect(); 2017」で、「Visual Studio」自体とAIサービスを統合する新たな拡張機能の追加を発表した。

 この「Visual Studio Tools for AI」と呼ばれる2つ目の拡張機能は、同社の深層学習フレームワークだけでなく、サードパーティーのものもサポートしている。具体的には「Microsoft Cognitive Toolkit」(CNTK)やGoogleの「TensorFlow」、「Theano」「Keras」「Caffe2」などが含まれている。また同社によると、Visual Studio Tools for AIは、PythonやC/C++/C#で記述された既存コードに対するサポートを活用するとともに、「Cognitive Toolkit BrainScript」に対する追加サポートを提供するという。

 Visual Studio Tools for AIと「Visual Studio Code for AI」はいずれも、Microsoftが1年以上前に概要を発表していた同社の機械学習スイート(開発コード名:「Open Mind Studio」)を構成するものだ。

Visual Studio Code for AI
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ