CAと協和エクシオ、IoTやBPMで協業--アプリケーション開発のテストを効率化

NO BUDGET
2017-02-13 16:17:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 CA Technologiesと協和エクシオはモノのインターネット(IoT)やビジネスプロセス管理(BPM)分野のアプリケーション開発で協業を開始した。2月9日に発表した。

 「CA Service Virtualization」を使った協和エクシオ社内の開発効率化、両社の顧客へのコンサルティングやシステムインテグレーションなどのサービスを提供する。主にモバイルやIoT、API、システム連携、BPMなどの基盤構築でのアプリケーション開発、テストに関する分野を担う。

協和エクシオのソリューションとCA Technologiesとの協業領域(CA提供)
協和エクシオのソリューションとCA Technologiesとの協業領域(CA提供)

 協和エクシオは、金融や製造などの業種にソリューションを提供するなか、複数システム間の連携テストでの品質担保と効率化、連携するシステムが利用できない状況での待ち時間解消、連携先システムが未完成の状況でのテストの実行といった課題やニーズを持っていた。

 そこで自社の連携ワークフローシステムの開発にService Virtualizationを導入、CAの支援のもと、製品評価から実証実験を経て効果を得られたと説明する。

 Service Virtualizationは、アプリケーション開発サイクルでのテスト工程を効率化するためのツール。連携先のシステムやコンポーネントを仮想化し、テストデータの自動作成や連携先システムからの応答を自動応答とすることでテストの効率を向上できるという。

 今後両社は、導入事例の公開や共同での販売活動にとどまらず、APIテストの自動化と仮想化による高い品質と生産性を共同でのセミナーなどを通じてアピールしていく。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ