MS、サーバレスコンピューティングサービス「Azure Functions」を発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部
2016-04-01 11:03:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 Microsoftは、新たな「サーバレスコンピューティング」サービスである「Azure Functions」のプレビュー版を公開した。Azure Functionsは「AWS Lambda」に対抗するサービスだ。

 同社のクラウド&エンタープライズグループで責任者を務めるScott Guthrie氏は、開発者向けカンファレンス「Build 2016」の2日目に行った基調講演で、Azure Functionsのランタイムをオープンソースとして提供すると発表した。これによって、開発者はAzure上でも、自前のデータセンターでも、ほかのクラウド上でも機能をホストできるようになる。

 Azure Functionsはイベントに応答するタスクの処理に向いており、モノのインターネット(IoT)での利用に適している。また、ウェブやモバイル、ビッグデータなどでの利用も可能だという。このサービスは需要に応じて自動的に規模が変更されるため、実行された時間に応じてのみ課金される。

 また、Microsoftは、同社の次世代PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)テクノロジである「Azure Service Fabric」を一般公開したと発表した。

 Service Fabricを使うと、小さなコンポーネント(マイクロサービス)で構成されたAzureアプリケーションを作ることができる。

 Service Fabricのテクノロジは、Azureのコアインフラストラクチャを実行するのに使われているほか、「Skype for Business」や「Azure SQL Database」「Intune」「Event Hubs」「DocumentDB」「Cortana」などを含む多くのサービスでも使用されている。Microsoftの関係者は、ユーザーもMicrosoftが社内で使用しているのとまったく同じAzure Service Fabricフレームワークのテクノロジを利用できると述べている。

 さらに、Service Fabricをオンプレミスやほかのクラウドでも利用できるようにする「Windows Server」向けService Fabricや、LinuxおよびJava API向けのService Fabricのプレビュー版がリリースされたほか、2016年中にService Fabricのプログラミングフレームワークがオープンソース化されることも明らかになった。

 またMicrosoftは、AzureのIoTサービスを使用してIoTのプロトタイプを構築するための「Azure IoT Starter Kits」を発売した。価格は50~160ドル。

 Azureで新たに「Power BI Embedded」サービスが提供されることも明らかにされた。Power BI Embeddedを使用すると、あらゆるデバイスの任意のアプリケーションで、対話型のレポートや視覚化情報を埋め込むことができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ