中国人プログラマーの実情--使用OS、ブラウザ、言語、そして気になる年収は?

山谷剛史
2015-08-25 06:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国でのプログラマー(中国語で程序員)の実情を知るべく、最近出た中国プログラマーレポートをまとめてみた。

 7月にCodeforgeが発表した「中国程序員調査報告」によると、年代構成は20代が4割、30代が4割、40代が1割となっている。精神力と体力の面から30代で多くのプログラマーが限界を感じるようだ。男女比は8:2、つまり女性1人に対して男性が4人いることになる。学歴別では大卒以上(40.5%)が最も多く、以下高卒(28.6%)、短大(16.7%)と続く。地域別には広東省(17.6%)と北京市(15.0%)が突出して多く、以下江蘇省(10.7%)、上海市(9.2%)、山東省(8.8%)、浙江省(8.2%)、陝西省(8.1%)、四川省(7.9%)、湖北省(7.85%)となっている。

 使用しているOSは、Windows 7(66.1%)が最も多いが、次のWindows XP(15.9%)も気になるところ。中国全体でのWindows XP利用率は百度統計によると42.6%あり、それに比べて少ないが、まだ使われている。ブラウザ別では、中国では百度や騰訊など様々なベンダーから中国産ブラウザが出ていてある程度のシェアはあるが、プログラマーが使用するブラウザシェアでは、世界的標準であることを主な理由にGoogle Chrome(55%)が最も高く、中国産ブラウザの利用者はそれぞれ1桁となっている。

 スマートフォンに関しては搭載OSは、Androidが79%、iOSが18%。ブラウザではAndroid Webkit Browser(30%)が最も高いが、続く国産のQQ手机瀏覧器(19.34%)も健闘する。その次がSafari(16.9%)。

 使用言語はC++(26.2%)、MATLAB(20.5%)、C(18.7%)、Java(15.5%)の開発者が多い。以下C#、Visual Basic、PHP、Delphiが1桁台で続く。

 年収については2014年10月に転職サイト「100offer」が調査レポートを発表している。それによると、平均年収は北京で19万7000元、上海で19万5000元、杭州で14万元、深センで13万5000元であった。1元が20円前後の円安の今、北京や上海では平均して年収が300万円に迫りつつあるわけだ。職種別で見ると、iOSアプリ開発では24万9000元、以下PHPは24万3000元、Javaは19万9000元、Androidは14万8000元、ウェブは14万6000元。

 収入を経験年別でみていくと、1年では10万8000元、2年で16万7000元、3年で21万元、4年で21万7000元、5年で25万9000元、それ以上は27万8000元を稼ぐ。プログラマーの年収はあっという間にあがり、キャリア5年ともなると年収は500万円になるわけだ。転職すれば年収が7~8万元は上がる職場が見つかるため、転職に積極的な人が多いのも一因だ。給与に不満があれば、上司に相談するよりもまず転職に走るのが多数派である。

 収入面では悪くなさそうだが、不満も多い。

 8月にIBMとCSDNが発表した「2015中国開発者調査報告」によると、65%の開発者がクラウドコンピューティングやビッグデータに、半数超がアプリ開発やIoTに関心があるとするものの、68%のプログラマーが新技術の変化が速くて学べないとしている。

 また開発者向け掲示板「StackOverflow」が発表した、2015年プログラマー調査レポートによると、職場は男性ばかりで女性があまりに少なく、いたところでテスト部門にいるくらいで、開発部隊には1人もいない。振り返ったところ高校で理系を学ぶ女子のクラスメートも少なかったし、大学の情報系学科ではさらに人数が限られ、出会いがないことに不満を募らせる人も多い。プログラマー同士の会話と言えば過労死が話題になるほどのハードワークを不安視し、人生をやり直したいとする人も少なくないというが、しかし多くが結局、自己分析をした結果、将来も起業したり経営者になったりせずに開発を続けるだろうとしている。その場の気分で無茶な仕事をオーダーしてくる上司が多いのも悩みの種だという。圧倒的な権力をもとに、話を聞かない無茶な上司に対しては「いかに無謀な話かを説明する」という選択肢を選ぶ人は少なく、その多くが「上司が注文した、問題のある製品を言われた通りに納品する」が多数派を占める。

山谷剛史(やまやたけし)
フリーランスライター
2002年より中国雲南省昆明市を拠点に活動。中国、インド、アセアンのITや消費トレンドをIT系メディア・経済系メディア・トレンド誌などに執筆。メディア出演、講演も行う。著書に「日本人が知らない中国ネットトレンド2014 」「新しい中国人 ネットで団結する若者たち 」など。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ