「Windows 10」の新機能を画像で見る--最新「Build 10122」

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル
2015-05-29 06:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Windows 10」の最新プレビュー版「Build 10122」の新機能や変更点をスクリーンショットとともに紹介する。

 2015年夏と予想される「Windows 10」のリリースが近づくなか、Microsoftは同OSの改良を続けている。

 先週リリースされた「Build 10122」では、デザイン面の変更があったほか、新ブラウザ「Microsoft Edge」やWindows 10の「Continuum」が微調整された。ContinuumはWindows 10を補助するソフトウェアツールで、ユーザーが使っているデバイスの種類を検知し、そのデバイスに合わせた設定をOSが自ら行えるようにする機能を持つ。

 ここでは、注目すべき主な変更点を紹介する。

再構成された「Start」スクリーン

 Startスクリーンのレイアウトが変更され、「より釣り合いが取れた配置」になった。「File Explorer」と「Settings」はメニューの左下、「Power」と「All apps」の上に移動している。

 Startメニューと、全画面表示されるStartスクリーンを切り替える機能は、「Personalization」設定の中の新しいStart設定ページに移された。ほとんどのユーザーはこの切り替えを1度しか行わないとMicrosoftが感じたからだ。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]