マイクロソフト、ビルドプラットフォーム「MSBuild」をオープンソース化

ZDNet Japan Staff
2015-03-20 10:49:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間3月18日、「Microsoft Build Engine(MSBuild)」をオープンソースにした。「.NET」および「Visual Studio」向けのビルドプラットフォームとなり、「.NET」技術のオープン化を進める同社の最新の取り組みとなる。

 MSBuildはアプリケーション構築のためのプラットフォームで、XMLスキーマを提供する。これを利用してプラットフォームがソフトウェアのプロセスとビルドをどのように制御するかを定義できる。Visual StudioはMSBuildを利用するが依存関係にはないとのこと。そのため、msbuild.exeをプロジェクトやソリューションファイル上で実行すると、Visual Studioがインストールされていない環境でも製品のオーケストレーションとビルドが可能だという。

 Microsoftによると、「.NET Core Libraries」「.NET Core Runtime」もMSBuildを利用して構築したという。ともにオープンソースとして公開されている。

 今回公開したのは、「Windows」版で、今後Linuxと「Mac OS X」にも対応予定。これにより、自分の好みのプラットフォーム上でオープンソースの.NETプロジェクトを構築できるとしている。

 MSBuildはGitHubでコードを公開している。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]