オラクル、「JavaCar」を公開

山田竜司 (編集部)
2014-12-06 07:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは、組み込み用途の「Oracle Java Embedded」やデータ分析基盤を活用し、Javaを実装するコンセプトカーを製作、12月4日からフリースケール・セミコンダクタ・ジャパンが開催する「フリースケール・テクノロジ・フォーラム・ジャパン2014(FTFジャパン)」で公開している。

 このコンセプトカーでは、車載LANシステムを搭載したBMW X5を使用し、イータスが提供する運転時のエンジンを電子制御できるエンジンクルーズコントロール(ECU)や、診断ツール「INCA」から走行速度やエンジン回転数、アクセル開度などの車両情報が取得できる。

 フリースケールのマイクロプロセッサ「i.MX 6シリーズ」上でその車両情報を収集、送信し、センサを制御できる埋込みデバイス用「Java ME Embedded 8」、それらの情報をダッシュボードに表示する「JavaFX Embedded」が稼働している。

 車載LAN上のi.MX 6シリーズプラットフォームでは、車両の各種センサ情報を識別、集約してサーバへつなぐセンサのゲートウェイ機能として即時のイベント管理が可能なツール「Event Processing for Embedded」を搭載している。

 これらの車両情報を長期的に蓄積し、走行情報の分析および車両側へのフィードバックするサーバサイドには、「Oracle Linux」上に、アプリケーションサーバ「WebLogic Server」、インメモリデータグリッドの「Oracle Coherence」、 Event Processingを活用したインメモリプロセッシング基盤、「Oracle Database」によるビッグデータ管理、蓄積ができ、アナリティクス製品「Oracle Endeca Information Discovery」によるデータ分析基盤を構成している。

 このコンセプトカーは、「FTFジャパン」で初めて公開し、12月10日から12日まで開催される「2014 TRON Symposium」でもデモンストレーションや展示を予定している。


Javaを実装したコンセプトカー
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ