仮想現実ヘッドセットのOculus、買収したRakNetのC++クラスライブラリをオープンソース化

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部
2014-07-08 13:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebook傘下のOculusは、ネットワークミドルウェアシステムを提供するRakNetの買収とともに、同社のC++クラスライブラリをオープンソース化することを発表した。RakNetの技術は、独立系の開発者(Oculusを含む)と主流の企業(MojangやSony Online Entertainmentなど)の両方から支持されている。

 Oculusは、このオープンソースはBSDライセンスの下、OculusのGitHubレポジトリで即時公開されていると述べた。

 今回の買収は、賛否両論が生じたFacebookによる買収の後、比較的独立した状態を保つというOculusの意向を表している。Oculusは6月、プロダクト開発およびコンサルティングを手がけるCarbon Design Groupも買収している。いずれの買収についても、金銭的条件は公表されていない。

 買収に関する発表とともに、Oculusが初の開発者会議をカリフォルニア州ハリウッドで開催することも発表された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]