統合開発環境ツール新版「Visual Studio 2012」提供--ALM機能も強化

田中好伸 (編集部)
2012-09-13 14:08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは9月13日、統合開発環境ツールの新版「Microsoft Visual Studio 2012」の提供開始を発表した。9月からボリュームライセンスを販売、パッケージ製品は9月21日から販売する。開発実行基盤である「.NET Framework 4.5」の提供も開始している。

 Visual Studio 2012は「Windows 8」や「Windows Server 2012」、IaaS/PaaS「Windows Azure」に対応する統合開発環境。開発工程だけでなく、開発後の品質管理から運用までアプリケーションのすべての工程をカバーするという。アプリケーションライフサイクル管理(ALM)ツールとしての機能も強化されている。

 新版では、新しい基盤や端末、アプリケーションストアなどに対応するとともに、ウェブ開発を支援するためにHTML5とCSS3をサポートする「IntelliSense」、ウェブページをデバッグするための「ページ インスペクター」といった機能も搭載されている。

 .NET Framework 4.5 は、Windowsフォーム、WPF(Windows Presentation Foundation)、Windows 8といったクライアント環境、Windows Serverをはじめとしたオンプレミス環境、Windows Azureなどのクラウド環境と様々な環境で動作するアプリケーションを開発する開発者にとってリッチで生産性の高い開発実行基盤と説明する。

 Visual Studio 2012の製品体系と税別の参考価格は以下の通り。

エディションライセンス種類参考価格
Visual Studio
Ultimate 2012
with MSDN
Open Business(2年分)
ライセンス&ソフトウェア
アシュアランス
206万円
パッケージ版159万円
Visual Studio
Premium 2012
with MSDN
Open Business(2年分)
ライセンス&ソフトウェア
アシュアランス
94万円
パッケージ版72万9000円
Visual Studio
Professional 2012
with MSDN
Open Business(2年分)
ライセンス&ソフトウェア
アシュアランス
15万円
パッケージ版14万3000円
Visual Studio
Professional 2012
Open Business(2年分)
ライセンス&ソフトウェア
アシュアランス
6万5600円
パッケージ版5万9800円
Visual Studio
Test Professional
2012 with MSDN
Open Business(2年分)
ライセンス&ソフトウェア
アシュアランス
33万9000円
パッケージ版25万9000円
Visual Studio
Team Foundation
Server 2012
Open Business(2年分)
ライセンス&ソフトウェア
アシュアランス
7万6500円
パッケージ版5万9800円
MSDN Operating
Systems
Open Business(2年分)
ライセンス&ソフトウェア
アシュアランス
14万円
パッケージ版8万3800円
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]